クローズアップ2018
輝きの女たち
日下 渚さん




イ ベ ン ト レ ポ ー ト


■青い山脈会「異業種交流忘年会」
今年1年の活動を締めくくる異業種交流忘年会を12月19日にトキハ会館ローズの間で開いた。この日の参加者は約70名。ゲストはイケメン落語家の入船亭小辰さん。卓盛料理を囲んでのパーティー。カラオケ、お楽しみ抽選会、青い山脈の大合唱。会場いっぱいの輪になってジェンカを踊り。心も体もポカポカする忘年会だった。(12月19日)


■銘酒秋あがり&ふぐちりを味わう会
中央町「ふぐ良茶屋」で「秋あがり」と「ふぐちり」を味わう会が開かれ、洒落たシニア層56人が参加した。この日は仏パリで開かれたフードマッチングのコンテストで上位10銘柄に選ばれた西の関(萱島酒造)の『手造り純米酒』や西の関竹田蔵のむぎ焼酎「豊後清明」なども提供された。(11月22日)


■本誌オリジナルツアー「相良藩城下町と人吉温泉」
昨年の熊本地震で中止になった相良藩3万5千石の城下町『人吉温泉』へ10月28日、1泊2日の貸切バスツアーを行った。参加者は男女17名。熊本城郭内のレストラン「城彩苑」での昼食、球磨焼酎ミュージアム見学での試飲、国の登録有形文化財に指定されている「芳野旅館」での宿泊等。(10月28日)

■夏野菜たっぷりと
スパイスヘルシークッキング講座

シニア野菜ソムリエ、アスリートフードマスターの坂本君枝さんを講師に迎え、アンチエイジング&代謝アップのヘルシークッキング講座を7月2日(日)13時半から大分ガスアスク大分で開いた。定員20名。抗酸化力の高い野菜をバランスよく摂る「タンドリー風ドライカレー」はおいしかった!グリーンスムージー、トマトと大分ねぎの胡麻ナムルも試食。参加者に好評だった。(7月2日)

■西の関「ひや」の会
今年の「ひや」の会はヨイ
ナカ会でも使用したレストラン「ザ・ブリッジ」で開いた。参加者は45名。今回は夏期限定の「ひや」の他、特別酒「千三百年の祈り」、焼酎「清明」も出され萱島社長を囲んで存分に味わった。会席料理は20代の若手料理長後藤一輝さんが担当し、器にも独特の感性を取り入れて参加者の舌も楽しませた。(6月16日)


 ※クリックすると、詳細が表示されます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL:097-534-3610  FAX:097-534-3669
メール:jom-21@josei-oita.jp

企画お申し込みフォーム


 ■1月号■
次世代へつなぐ(有)エポック
親から受け継ぐみんな家族

2018年1月に代表取締役を長男にバトンタッチする有限会社エポックを訪問。親と子、それぞれの思いを語ってもらった。
新大分土地「eat」
キッチンで、まちはもっと楽しくなる。

ガレリア竹町西口「wazawaza」2階にキッチン付きレンタルスペース『まちの台所 eat(イート)』がオープン。料理教室もできる。
あんな話☆こんな話ホットライン
バルーンアート専門店、スウィングエコーズ、光のファンタジー

日吉町にバルーンアート専門店がオープン。トップボーカリストのマリーンをゲストにスウィングエコーズ・ジャズオーケストラ定期演奏会。おおいた光のファンタジー、正月限定「赤富士」登場。
第2回大分はつらつフェスタ2017
健康づくり4日間に2万人!

三世代交流のステージに沸く。特産品や人気グルメを満喫。長続きするダイエット法、脳の健康寿命のばす”美脳”など講演会。4ユニットが贈る冬の調べ。好天に恵まれ、約2万人が来場し賑わった。
かべ新聞
新聞で読んだ猫のエピソード。犬にも癒され死亡率減る。

ほっとする2つの猫物語「家賃はもう結構です」「君はどこの猫ですか」。スウェーデンの研究チームが発表した犬を飼う人の亡くなるリスク減少。
回転木馬
竹久みちが遺した”燃える恋”

三越事件の渦中に巻き込まれた竹下みちさん。平成17年8月の宵、府内町の日本料理店で酒を酌み交した。
表紙のひと
劇団水中花代表  日下渚さん

ありふれた日常のかけがえなさを描く、1月21日公演「よっちゃんうどんがありまして」。
脚本家、演出家、役者の3つの顔を持つ日下渚さんをクローズアップ。
想い出ギャラリー
18年も前にスタートした「宵仲会」

与謝野鉄幹が愛弟子を念頭に作った「人を恋ふる歌」をテーマに、焼酎を酌み交わした宵仲会も今年で18年目を迎えた。
日々百景
「大腸がん」の入院・手術160万円余の医療明細

がん手術に係わる高額な医療費に驚愕。今は退院祝いで飲み友達から届いた名酒の数々を晩酌で楽しむ。
あの頃ぶるーす
”幻の第1号”に終った月刊『エルマ』

創刊28周年を記念して発行した”幻の第1号”に終った月刊『エルマ』目玉企画は県下から網羅した”花のミス”。8年後には初のブライダル誌『クララ』創刊。



連載
■2018年の運勢『木星は、11月8日に射手座に移動』/Beth深春
コラム
■メディアチェック『新しい時代の新しい女性たち。人生に逞しくしなやかに』
■紅の筆『ブラビーター』
エッセー
Masukoの「元気の部屋」 vol.80
『社会的役割を担ってこそ会社は成長』/塚田益子(カーブス大分代表)



詳しくは月刊「JOSEI OITA」をお求め下さい。
発行
毎月25日
規格
A4版・カラー・16ページ
購読料
年間購読料・・・2,000円  自由時間クラブ「銀花」会員(50才以上)・・・2,000円
販売
1部 200円  ※晃星堂で販売中
購読のお申し込みは TEL:097-534-3610 FAX:097-534-3669 mail:jom-21@josei-oita.jp